まつ毛を強調する女性

自分でまつげパーマをかけることができる

日本人のまつげは下向きに生えている特徴があり、ぱっちりとした大きな目に見せるためには、まつげをしっかりと上向きに立ち上げることが必須です。
ポピュラーな方法では、専用アイテムを使って癖付けをする方が多いですが、この方法だと、切れ毛や抜け毛の原因となり、また、カールが持続しない、まぶたを挟んでしまうなど、問題が多いと言われています。
そこで人気があるのがまつげパーマで、アイラッシュサロンで行っている美容法で、一か月に一回あてておくと、上向きカールが持続でき、毎日癖付けをする手間も省け、大切なまつげにダメージを与えずに済みます。
とはいえ、どのアイラッシュサロンでも、満足のいく仕上がりが得られるわけでもなく、高いお金を支払っても、ほとんどまつげが上がらなかった、カーブラインが自分好みにならなかった、といった経験をされた女性も少なくないようです。
なかなか予約が取れないサロンもあったり、時間の都合がつけられずに通い続けられないなど、サロンへ行きたくても行けないといった声も多いようです。
そんな女性におすすめなのが、セルフまつげパーマで、大手通販サイトの楽天などでは、低価格で簡単にまつげパーマがあてられるキッドが販売されており、これを使えばごく短時間で、美しいまつげに仕上げることができます。
特に口コミ評価の高いギザギザロットは、手先の不器用な方でも簡単に使いこなせ、初めてトライする方でも上手に上げられると評判です。
ギザギザロットは、セルフまつげパーマ用ロットの改良版で、だれでも簡単に、失敗なくまつげパーマができるように開発されているので、楽天の人気美容アイテムランキングでも、上位に挙げられているほどです。
アイラッシュサロンで一回あたりに支払う価格よりもリーズナブルで、何度も使用できるので、ランキングコストは優秀です。
セルフとはいえ、使用方法を間違えず、きちんと時間をおいてパーマがあたっていれば、サロンで施術を受けた時と同じようにカールがキープできるので、とてもお得です。

失敗しないセルフまつ毛パーマのやり方

ギザギザロットは、短時間で根元から、しっかりとまつげを上向きに癖付けられるように開発されていますが、説明書きにある使用方法をきちんと守るのはもちろんのこと、自分好みのカーブラインに仕上げられるコツもあるので、そういった注意点を理解の上挑戦しないと、綺麗に上がらないだけでなく、まつげを傷めてしまうことにもつながりかねません。トラブルが起きてもすべては自己責任なので、慎重に行いましょう。
目元は顔の中でも最も皮膚が薄く、デリケートな部位です。まぶたに専用の接着剤でロットをはりつけるため、肌質によってはかゆみや赤みなどのトラブルを起こしてしまうこともあります。
あまりにひどい場合には、肌に直接グルーをつけないほうが良いですが、その場合、まぶたのカーブラインにロットがぴったり沿いにくいので、医療用テープなどで固定するようにしましょう。
よくある失敗例として、まつげがちりちりになってしまった、といった声がありますが、これはパーマ液を毛先まで塗ってしまっているからで、毛先一ミリは絶対に塗らないようにしましょう。
根元が立ち上がっているだけでも、まつげは上向きにカールするので、細く薄いまつげの方は、パーマ液を置く時間を指定よりも短くするか、まつげの半分くらいまでしか液を塗らないようにしてみましょう。
失敗なく仕上げるための注意点は、とにかくゆっくりと、落ち着いて、丁寧に、まつげを一本一本まっすぐにロットに巻き付けることで、薄目をあけながら、拡大鏡を使って、まつげの生え際をしっかりと見て立ち上げます。
この過程さえクリアできれば、美しく仕上がります。
ただ、薄目を開けていて、液が目の中に入っても自己責任なので、まつげの根元ギリギリまでつけないように気を付けましょう。