まつ毛を強調する女性

日本人のまつげの長さは0.5~1cm程度と言われていますが、1.2cm以上のまつげに憧れている女性も多いでしょう。
1.2cm以上のまつげだと顔の印象が良くなりますし、綺麗に見られやすいと言われています。
女性は特にまつげの長さを強調するようなメイクをしている人もいるでしょう。
メイクでまつげを長く見せることもできますが、実際に自分のまつげを伸ばしたいと考えている人もいるかもしれません。
海外医薬品のルミガンやケアプロストを使うことにより、まつげが伸びると言われています。
このような海外医薬品は薬局やドラッグストアなどでは販売されていません。
ルミガンは緑内障の治療に使われている海外医薬品であり、緑内障と診断されて処方される場合は保険が適用されます。
有効成分に緑内障を治療する効果があることはもちろん、まつげが伸びる効果や濃くなる効果、太くなる効果も認められています。

ルミガンの効果について

ルミガン1.2cm以上のまつげを手に入れたいという場合、ルミガンというまつ毛育毛剤を使ってみると良いでしょう。
口コミでも評判が良いですし、使い続けることでまつげが濃くなると言われています。
もちろんこの海外医薬品を使ってもすぐにまつげが伸びるわけではありませんし、濃くなるわけでもありません。
まつげにはヘアサイクル(毛周期)があるため、最低でも4~16週間程度は使い続けるようにしましょう。
まつげが長くて濃いと目元の印象がアップしますし、女性は特に気にしているかもしれません。
アイメイクなどに力を入れている女性も多いのですが、自身のまつげの長さや濃さなどはなかなか変えることができないでしょう。
ルミガンはもともと緑内障の治療薬として開発されたものです。
しかしこれを使って治療した人のまつげが濃くなることが分かったため、美容目的でも使われるようになりました。
ルミガンにはビマトプロストという成分が含まれているため、まつげが太く濃くなることが分かっています。
長く太く、濃いまつげが欲しいという人に最適な海外医薬品であり、世界で初めてまつ毛育毛剤として認可されました。

ルミガンの安全性と購入先について

ルミガンは医薬品なので審査基準が厳しく、安全性が高いという特徴があります。
効果の出方には個人差がありますが、実際に使った人のほとんどがその効果を実感しています。
1、2週間では効果が出ないこともあるため、4~16週間程度使い続けてみると良いでしょう。
ルミガンはどこで購入できるのか知りたい人もいるかもしれません。
まつ毛育毛剤と聞くと薬局やドラッグストアなどで購入できると考えている人もいるでしょう。
しかし、ルミガンを購入するためには処方箋が必要となるため、薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。
大手の通販サイトなどでも販売されていないということです。
ルミガンを手に入れたいなら病院などの医療機関を利用すると良いでしょう。
処方箋が必要になるので処方箋を書いてもらう医療機関で購入できるかどうか確認してみるのがおすすめです。
また、個人輸入代行サイトを利用して購入するという方法もあります。
個人輸入代行サイトといってもいろいろありますが、信頼できるサイトで購入するようにしましょう。
中には悪質なサイトなどもありますし、偽物を使っているところもあるので注意が必要です。

ルミガンの正しい使用方法について

また、ルミガンの効果を高めるためには正しい塗り方を実践しましょう。
正しい塗り方をしないと効果が出にくいこともありますし、目に悪影響を及ぼすこともあります。
ルミガンには防腐剤が含まれています。
この防腐剤はコンタクトレンズに付着するとレンズを変色させてしまうことがあるため、コンタクトレンズを外してから塗るようにしましょう。
またコンタクトレンズを入れる時はルミガンを塗って15分以上経過してから入れることも大切です。
ルミガンがしっかり渇いたことを確認してから入れるようにしましょう。
ルミガンは1日に1回、左右の瞼に1滴ずつ塗っていくことになります。
2回以上使っても効果がアップするわけではありませんし、一度にたくさん使うのではなく長く使い続けることが大切です。
ルミガンは医薬品なので使い方を守らないと良くない影響が出てしまうこともありますし、効果が出なくなってしまうこともあるのです。
コンタクトレンズへの影響が気になる場合、朝ではなく夜にルミガンを使った方が良いでしょう。
夜寝る前ならコンタクトレンズを外すことになりますし、安心して使うことができます。
ちなみに、ルミガンは上まつげだけに塗ることになります。
下まつげに塗ろうとすると液が瞼について色素沈着などの原因になってしまうこともあります。
目を閉じる就寝前に上まつげに塗れば下まつげにも成分が浸透しますので、結果として上下のまつげに効果を発揮してくれるでしょう。

ケアプロストの効果について

ケアプロストルミガンを使えば1.2cm以上のまつげを手に入れられると言われています。
ルミガンには気軽に購入できるジェネリック医薬品があります。
ケアプロストというものなのですが、配合されている成分はルミガンと同じなので同じ効果を期待できます。
毎日使うことで効果的にまつげを育てることができますし、見た目も使い方も同じです。
ケアプロストは医薬品のまつ毛育毛剤であり、臨床試験によってその効果が実証されています。
化粧品などとは異なりますし、実際に使った人のほとんどが効果を実感しています。
まつげが伸びることはもちろん、太く濃くなるという効果もあります。

ケアプロストを使用するメリット

このまつ毛育毛剤を使うことで成分が根元の細胞に働きかけてくれますし、細胞分裂を活性化させてくれるということです。
ヘアサイクル(毛周期)の成長期を長くすることができますし、自然で美しいまつげを手に入れることができるでしょう。
ケアプロストの効果は臨床試験によって明らかにされており、アメリカでもその効果が認められています。
臨床試験や研究を重ねて作られたまつ毛育毛剤であり、他の方法では効果が実感できなかったという人でも試してみると良いでしょう。
ケアプロストの効果を実感するためには4~16週間使い続けることがポイントです。
毎日1回塗るだけなので簡単に続けることができますし、魅力的な目元を手に入れることができるでしょう。
ケアプロストはまつげが伸びるだけでなく、密度や濃さなどもアップするというメリットがあります。
ボリュームが増すことで華やかな目元を演出できるようになります。
また、ケアプロストはまつ毛育毛剤なのですが、二重瞼にするという効果も期待できます。
これは主成分のビマトプロストによる作用と言われています。
ビマトプロストはもともと緑内障の治療に使われていた薬の成分であり、この成分には眼圧を下げる作用があります。
それによって緑内障の治療に使われていたということです。
眼圧を下げる作用はケアプロストにもありますし、瞼が柔らかくなることで二重瞼になると言われています。

ケアプロストでまつ毛が伸びる仕組みと使用方法

ケアプロストを使うとなぜまつげが伸びるのか知りたい人もいるでしょう。
ケアプロストは毛包へ刺激を与えることができますし、メラニン色素の生成を活性化する作用もあるとされています。
毛包というのは毛の根元にあたる部分のことであり、毛包に刺激を与えることで太く濃いまつげが育つようになります。
また、メラニン色素が多く作られることにより、まつげが濃くなる効果も得られるでしょう。
ちなみに、ケアプロストは化粧品ではなく医薬品に分類されています。
主成分のビマトプロストはアメリカで厳しい審査をクリアした成分であり、その効果は信頼できると言えるでしょう。
ケアプロストは少ない量でも効果を発揮してくれますし、1日1回塗るだけで十分です。
使う量が少なくて済みますし、コストパフォーマンスの高さも人気の理由となっています。
実際に使った人の8割が良い効果を実感しており、美しい目元を手に入れたいという人におすすめのまつ毛育毛剤となっています。
また、まつ毛が少ないのがコンプレックスになっている人にも最適です。
ケアプロストは上まつげのみに塗ることがポイントです。
下まつげに塗ると頬の産毛まで増えてしまうことがありますし、色素沈着を引き起こすこともあるので注意しましょう。
また、早く効果を実感したいという理由で一度に大量に塗ってしまうのも良くありません。
たくさん塗ろうとして目の中に入ると良くありませんし、瞼からはみ出た液体はすぐに拭き取ることがポイントです。
ケアプロストを塗るのは夜寝る前に1回だけが基本となっており、4~16週間使い続けるようにしましょう。
基本的にはブラシを使って塗ることになりますが、まつげの根元にだけケアプロストを塗ることが難しい場合、爪楊枝を使うのがおすすめです。
爪楊枝を使えば根本のみに塗ることができますし、色素沈着などの心配もありません。

まつ毛にもヘアサイクル(毛周期)がある

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)と知っている人もいるでしょう。
しかし、ヘアサイクルは髪の毛だけでなくまつげにもあるということです。
ヘアサイクルは人によって異なっていますが、だいたい4~16週間と言われています。
体の他の部分に生えている毛と比べて周期が短いことが特徴です。
まつげを1.2cm以上に伸ばすためにはヘアサイクルに注意しましょう。
人間の体毛は全てヘアサイクルによって生え変わっているため、長さの違う毛もあります。
また、時間が経てば現在生えている毛は抜け落ちることになります。
まつげにもヘアサイクルがあるため、一定の周期によって生え変わっていきます。

4つに分けられる毛周期

まつげのヘアサイクルは4~16週間とされており、成長初期と成長期、退行期、休止期という4つの段階に分かれています。
成長初期は毛母細胞の分裂が始まったタイミングであり、まだしっかりと伸びていない産毛のような状態です。
成長後期は毛母細胞の分裂が活発になるタイミングです。
まつげが太く長く成長する時期であり、きちんと保湿ケアを行うことでハリやコシのあるまつげになっていくでしょう。
退行期は毛母細胞が消失して成長が停止するという時期です。
最後の休止期は成長しなくなったまつげが抜ける時期であり、次のまつげが生える準備をしています。
成長期の間にきちんとしたケアを行うことで綺麗なまつげを手に入れることができるのです。
ヘアサイクルは部位によって異なっており、顔に生えている毛は髪の毛のように長くなることはありません。
これは髪の毛よりも成長期が短いためであり、一定の長さになったら抜け落ちるようになっているのです。
毛の生まれ変わりの周期であるヘアサイクルは部位によって異なっていますし、毛の1本1本によっても変わってきます。
個人差もあるということですが、まつげのヘアサイクルは4~16週間くらいが平均と言われています。
また、本数については片目で100~150本くらいが平均と言われています。
このヘアサイクルは健康な時は整っているのですが、体調やストレスによっても変化することがあります。
また外部からの刺激によってヘアサイクルが乱れてしまうこともあります。
成長期の毛を無理に抜いてしまうのは良くありませんし、アフターケアを適当にするとまつげが抜けてヘアサイクルが狂ってしまうこともあるので注意しましょう。
ちなみに、毛の成長が最も活発になるのは寝ている間と言われています。
特に夜の11時~2時は成長ホルモンが多く分泌されるため、しっかり睡眠を取ってまつげを成長させるようにしましょう。
睡眠不足が続くとまつげに悪影響を及ぼすこともあります。

毛周期の乱れに注意

自然なヘアサイクルを保つことにより、自然で美しい目元を手に入れることができるでしょう。
ヘアサイクルは生えて抜け落ちるという周期であり、抜け落ちるタイミングで抜け落ちない場合や成長すべきタイミングで抜けてしまうと休止期がずっと続いてしまうこともあります。
そのまままつげが生えてこなくなってしまうこともあるので注意しましょう。
そのため正常なヘアサイクルをキープすることが大切なのです。
ヘアサイクルは加齢やストレス、生活習慣の乱れ、乾燥、物理的な刺激などによって乱れてしまいます。
そのため普段から健康的な生活を送るように心がけましょう。
まつげのためには規則正しい生活習慣を保つことや保湿ケアなどを心がけることが大切です。
目元にかかる負担を和らげることにより、良い影響が出てくるでしょう。
ルミガンやケアプロストなどのまつ毛育毛剤もその効果的なアプローチの一つとなっています。
毎日しっかりケアすることはもちろん、日常生活にも気を付けましょう。